日之丸記

気になったコト、記事にしてマス

FF7R考察【尾目我之記録】

発売から一年が経った『FINAL FANTASY VII REMAKE』。今回はその作中に仕掛けられた謎や伏線について記事にまとめてみた。

 

※この記事には『FINAL FANTASY VII REMAKE』、『FINAL FANTASY VII』に関するネタバレを含みますので興味のある方のみご閲覧下さい。

 

f:id:he-normal:20210409032137j:plain

 

 

 

 

 オープニング

まずはリメイクの冒頭に流れるムービーに注目してみた。

 

f:id:he-normal:20210409032050j:plain

実は、このムービーは原作と違う展開から始まる。
まず荒野に黒い鳥が現れ、ミッドガルへ向かって飛んでいく姿が映し出される。

 

 

f:id:he-normal:20210410235302j:plain

原作でのゲーム開始直後のムービーは、最初に広大な宇宙とそこに輝く無数の星々が映し出され、その暗闇の中からエアリスがライフストリームの光に照らしだされながら登場するといった流れなのだが、リメイク版では何故か荒野のシーンから始まる。

 

 

f:id:he-normal:20210409032020j:plain

黒い翼が示すもの…

FF7を体験したことがある方なら身に覚えがあるかと思われるが、これは主人公『クラウド』の宿敵である『セフィロス』の思念や意志を暗示しているものだと考えられる。


そしてこのムービーは、それが物語冒頭の時点から既にミッドガルに干渉し始めている様子と捉えることができる。


原作でのセフィロスは本編が開始される5年前にニブルヘイムの魔晄炉でクラウドの手によってライフストリームの中へ落とされている。
その後、彼は北の大空洞で肉体を再生させつつ、本編開始後は神羅ビルから脱走したジェノバの細胞を使ってクラウドたちの前に自らの姿を幻影として出現させていた。

 

この黒い翼を持つ鳥もセフィロスの存在を象徴したものなのかもしれない。

f:id:he-normal:20210409031849j:plain

 

 

 ミッドガ

 

f:id:he-normal:20210409032124j:plain

 ムービーはその後、しばらくミッドガルに暮らす人々の様子を映し、やがてエアリスが祈りを捧げているシーンに移り変わる。

 

f:id:he-normal:20210409032109j:plain

パイプ管から漏れ出るライフストリームに向かって何かを祈っているエアリス。
一見すると、この場面は原作通りのように思えるが、彼女が立ち上がった後の展開が原作とは異なる。

 

f:id:he-normal:20210409032015j:plain
突然、何もない路地裏の方へ振り返るエアリス。そして逃げるようにしてその場から去る描写は、まるで何かの気配を察知したようであり

 

f:id:he-normal:20210409032011j:plain

その直後、通行人にぶつかってしまうほど気を取られていた様子から、エアリス自身が初めて見る得体の知れない何かがそこに存在していたことが窺える。


その存在は後に登場する運命の番人『フィーラー』のことだと思われるが、改めて見返してみるとフィーラーはまだ始まったばかりのこの時点で既に存在していたことが分かる。

 

f:id:he-normal:20210409032054j:plain

 そして空を見上げるエアリスからズームアウトしていき、魔晄都市ミッドガの全貌が映し出され、『FINAL FANTASY VII REMAKE』のタイトルロゴが表示される。

f:id:he-normal:20210409032059j:plain

ここから壮大なFF7Rの物語が幕を開けるわけだが、本当に注目すべきなのは、ここまでの間に一瞬だけ映る時計塔の時刻だ。

 

f:id:he-normal:20210409032040j:plain

 

f:id:he-normal:20210411001810j:plain

拡大してみると長針と短針が重なった22時55分頃を指しているように見える。

 

f:id:he-normal:20210409031932j:plain
ちなみに原作の同じシーンの時刻は0時10分くらいを指している。

 

f:id:he-normal:20210409032001j:plain


そしてこのムービーの後、壱番街の駅構内で見られる電光掲示板には次の列車の時刻が21時18分となっていて

 

f:id:he-normal:20210409031956j:plain

駅付近に建てられている時計塔の針は21時10分くらいを指している。

 

f:id:he-normal:20210409032206j:plain
ちなみにLOVELESS通りでエアリスと解散してから再び時計塔の時刻を見ると23時5分くらいになっている。


これらの情報から、リメイクは原作とは異なる並行世界、或いは別の時間軸の世界であると考えられる。
さらに、リメイク内でも時間の矛盾が生じているようであり、時系列をまとめてみると……


21時10分頃 クラウドたちが壱番街の駅に到着
   ※この間に壱番魔晄炉爆破作戦が行われる。


22時55分頃 エアリスが空を見上げる

(ムービー内での壱番魔晄炉はまだ稼働しているように見える)


   ※この間に壱番魔晄炉が爆破される

23時05分頃 クラウドがエアリスと出会う

 

という流れになり、壱番魔晄炉の爆破から8番街のLOVELESS通りまでわずか10分足らずクラウドが移動できたとは到底思えない。

※魔晄炉内からの脱出でも最短(RTA)で約5分はかかる。

 
 

演出上のミスかもしれないが、ムービー内とその後に登場するエアリスはそれぞれ別のエアリスであるという可能性が出てきた。

 

f:id:he-normal:20210409032344j:plain

 

 

 忠犬スタンプ

f:id:he-normal:20210411004518j:plain

 忠犬スタンプとは戦時中に神羅が作り出したとされるリメイクから登場するマスコットキャラクターである。
ミッドガルの様々な場所で、壁に描かれた忠犬スタンプのイラストを見ることができる。


作中で初めてその名が出てくるのは、壱番魔晄炉に潜入中のバレットが叫ぶこの一言からだ。

f:id:he-normal:20210409031927j:plain

この時、アバランチのリーダー『バレット』は元ソルジャーであるクラウドに向かって、神羅に対する未練がまだ残っているのではないかと疑い、作戦に協力的じゃない彼の態度を見て「忠犬スタンプかよ」と言い放つ。

しかしその直後、クラウド謎の頭痛に襲われる。

 

f:id:he-normal:20210409032147j:plain

この頭痛の原因はクラウドの体の中に埋め込まれているジェノバ細胞によって彼の記憶に矛盾を生じさせないために、今の彼の人格にとって都合の悪い記憶を封じ込める働きが作用しているからだと解釈できる。


すなわち忠犬スタンプという存在は過去のクラウドと何らかの接点があり、この時点でそれにまつわる記憶を思い出してしまえば、彼の中で矛盾が生じ、人格が破綻してしまう可能性があるほどの物語的にも重要な役割を担うキャラクターだと考えられる。

 

 セフィロス

f:id:he-normal:20210409031702j:plain


壱番魔晄炉爆破後、8番街の街中でクラウドが唐突に何かを思い出す。
爆破の被害で燃える建物、その崩壊から逃げ惑う人々。

 

f:id:he-normal:20210409031651j:plain
これらの光景はかつてクラウドが体験したニブルヘイムの惨劇を思い出させ、その元凶が彼の前に現れる。

 

f:id:he-normal:20210409031753j:plain

f:id:he-normal:20210409031724j:plain

 

原作でセフィロス(に擬態したジェノバ)がクラウドたちの前に現れるのは、『ジュノン』から『コスタ・デル・ソル』へ航行中の運搬船の機関室で、この時のセフィロスは本体ではなく、ジェノバが擬態した姿だった。
セフィロスの本体とはその後、北の大空洞で対峙することになる。

 

f:id:he-normal:20210411005825j:plain
早すぎるセフィロスの登場はクラウドの記憶に影響を及ぼしているようで、彼との会話シーンでクラウドは自分の手でセフィロスをあやめたと発言している。

 

f:id:he-normal:20210409031519j:plain

 

原作だとクラウドはミッドガル近郊にある『カーム』の街で彼の回想とともに過去の出来事を語っており、その時点での彼の記憶はニブル魔晄炉でセフィロスと対峙したところで終わっている。
その後、彼がどのようにしてセフィロスと決着をつけたのかは覚えていなかった。

 

しかし、リメイクでは彼の記憶に変化が起こり、原作より多くの記憶を思い出しているようだ。

 

f:id:he-normal:20210409031738j:plain

セフィロスが目の前に現れた後、クラウドを操作して路地裏までセフィロスを追いかけることになるのだが、その道中のクラウドの動きは明らかに鈍くなりジェノバによって起こる頭痛の時と同じように度々画面が緑色に点滅し視界がゆがむ描写がある。

 

f:id:he-normal:20210409031744j:plain

 

恐らくこの間にクラウドは原作でのカームの回想時に忘れていたとされる、セフィロスとの決着の記憶を思い出していたのだと思われる。

 

f:id:he-normal:20210409031748j:plain

 

この時の会話で特に重要視すべきなのが、セリフとして表示されないセフィロスの頷き

 

f:id:he-normal:20210409032530j:plain

ほぅ…

 

原作の流れから考えると、セフィロスがここでクラウドにわざわざ軽く驚いて見せる必要はない。

 

この頷きはまるで「もうここまで思い出しているのか」と、自身の姿を原作にはない場面でクラウドに見せたことで、彼の記憶にどのような変化が起こるのか試したような言い方に聞こえる。

 

これが事実だとすると、リメイクでのセフィロス原作の流れを知っていることになり、この後の

「この星がしのうとしている
 悲鳴もあげず
 静かにゆっくりと
 私たちの星が消えてしまうのだ
 クラウド
 星がしねばこの艶やかに燃える
 おまえの故郷が消えてしまう…」

と語る彼のセリフは、原作とは違う形で星の終わりが訪れようとしていることが窺える。

 

f:id:he-normal:20210409031550j:plain

「なあクラウド力を貸してくれ
 なに簡単なことだ
 クラウド走るんだ
 逃げて生き延びて…」

そして何故かクラウドに協力を仰ぎ、彼に生きることを要求している。

f:id:he-normal:20210409031605j:plain

これは要するに未知なる『第3の存在』によって星が滅ぼされようとしていることを示唆し、それを防ぐためにはクラウドの協力が必要になるのだと思われる。

だが、クラウドは今後その未知なる敵に命を狙われることになり、セフィロスはそれを回避させるために警告しているようだ。

f:id:he-normal:20210409031610j:plain

f:id:he-normal:20210409031615j:plain

そんなセフィロスの発言を拒もうとクラウドがバスターソードで切りかかると、セフィロスの姿は跡形もなく消え去り、クラウドが見ていたものは幻覚だったことがわかる。

 

f:id:he-normal:20210409031626j:plain

クラウド自身は魔晄に近づきすぎたことが原因だと思っているようだが……

 

 出会い

セフィロスの幻影が消え去った後、クラウドは8番街の駅へ向かう為にLOVELESS通りを訪れる。

 

f:id:he-normal:20210409032520j:plain

そこでクラウドは花売りの女性『エアリス』と出会うわけだが、彼女の様子がなんだかおかしい。

 

f:id:he-normal:20210409032231j:plain

うっすらとした影のようなものが辺りを飛び回り、どうやらエアリスはそれらを振り払おうとしているようだ。

 

f:id:he-normal:20210409032226j:plain

よく見てみると、彼女の足元にその影のようなものがしつこくまとわりついている描写があり、まるで彼女をこの場に足止めしているようにも見える。

 

f:id:he-normal:20210409032236j:plain

突如その気配が消え、エアリスがクラウドの方へと振り返った瞬間、再びセフィロスが現れる。

 

f:id:he-normal:20210409032255j:plain
セフィロスがエアリスの肩に手を置くと視界が一瞬緑色に光り、セフィロスが語り始める。

 

f:id:he-normal:20210409032215j:plain

「お前には誰も守れない
  自分さえもな」

 

セフィロスがわざわざエアリスとの出会いに合わせてクラウドの前に現れたことから、この言葉はやはり彼女の悲劇のことを言っていると推察することができる。


そして同時に、セフィロス未来に起こる出来事を知っているという仮説が裏付けられることになる。

 

続けて語る「自分さえもな」は今までの情報から推測すると、この先にクラウドが亡くなってしまう可能性がある別の世界線の存在を暗に示しているのではないかと思われる。

f:id:he-normal:20210409032314j:plain

しかし、先ほどまで協力を要求していた相手に謎の不安を煽るような発言をするというのは、少し違和感が残る。

 

f:id:he-normal:20210409032501j:plain

↑実際にクラウドもかなり怯えているようだし
 

それに加えて、ここで起こるクラウドの頭痛にも不可解な点が存在する。

f:id:he-normal:20210409032245j:plain

仮にこのジェノバ頭痛がクラウドの現在の人格を保つために、矛盾する過去の記憶を封じ込めようとして起こるものだとするなら、クラウドもエアリスに起こる悲劇 = 未来を知っている可能性がある。

 

f:id:he-normal:20210409032506j:plain

エアリスの呼びかけで我に返ったクラウドは彼女から出会いを記念して黄色い花を渡される。

 

f:id:he-normal:20210409032310j:plain

 

しばらく2人の会話が続くが、それを遮るようにしてまたエアリスが何かに襲われ始める。

 

f:id:he-normal:20210409032250j:plain

エアリスが助けを求めようとクラウドの腕を掴んだ瞬間、それまで見えなかった黒いローブを被った幽霊のような物体(フィーラー)が現れる。

 

f:id:he-normal:20210409032323j:plain
飛び回るフィーラーに対して、エアリスは「これ なに?」と言っている。

 

どうやらこの時点でのエアリスはフィーラーのことを知らず、その存在に驚いているようだが、その後をよく見ると神羅兵が銃を構えて近づいて来ているのにも関わらず、彼女が何かを見つめているような描写がある。

 

f:id:he-normal:20210409032259j:plain

この時、神羅兵は「武器を捨てろ」と叫びクラウドたちに銃を向けているのだが、エアリスは上の空で別の方向を見つめているのだ。

 

f:id:he-normal:20210409032241j:plain

新羅兵にはフィーラーが見えていない様子

命の危機とも言えるこんな状況で彼女は一体何をしていたのか……

 

f:id:he-normal:20210409032349j:plain

その後、何かを悟ったかのように「いっかい解散」とクラウドに告げ、エアリスはフィーラーを引き連れてその場を去っていく。

 

f:id:he-normal:20210409032335j:plain

 

「やっぱりいっかい解散 またね」

これはまるで近い未来にクラウドと再会することを予告しているような発言であり、さらに直前までその存在自体を恐れていたフィーラーを自分に引き付けている。
この行為はエアリスの身に何らかの変化が起こったからだと考えられる。

 

エアリスはかつてこの星にいた古代種という種族の最後の生き残りで、星の声を聞くことができる『星読み』という能力を持っている。

 

したがって、このシーンでエアリスは自分の身の回りに起こっている事象に関する情報を星読みの能力を使い、星から、或いはフィーラーから直接読み取っていた可能性が考えられる。

f:id:he-normal:20210409032431j:plain

そして、ここが作中におけるエアリスにとっての運命を変えた分岐点となり、以降の彼女が時折見せる、未来を知っているかのような言動の発端となったのだろう。

 

f:id:he-normal:20210409032358j:plain

 

 

まだ序盤の中の序盤だというのにこれほどまでの伏線が存在するFF7Rは、原作の流れを踏まえながらも、単なるリメイク作品ではない、という違和感を抱かせる

新たなゲームジャンルとしての可能性を感じる作品だと言える。

 

f:id:he-normal:20210409032157j:plain

 

その他にも原作と異なる『壱番魔晄炉爆破作戦』の真実など、作中ではまだまだ見落とすことができない興味深い出来事が起こるが、それらはまた近いうちに完全版として記事にまとめていきたいと思う。

 

ひとまず今回の記事はここまでにして、FF7Rの発売一周年を祝うとしよう。

 

f:id:he-normal:20210409032304j:plain



 

 

 

 

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

FINAL FANTASY VII
Copyright (C) 1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FINAL FANTASY VII REMAKE]
© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO